大学生必見!初デートで盛り上がる会話ネタ7選

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

明日は気になる人と初デート。

でも、俺って話し下手なんだよなぁ・・・。

デートって何をしゃべっていいか分からない・・・。

そんなお悩みのあなたに、初デートで盛り上がる会話ネタを授けます!大学生が使えるネタを厳選しておりますから、大学生のあなた、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1、大学生活について

サークルやバイトの話はもちろんですが、大学生らしく、お互いの専攻を話題にしてみましょう。高校生のときと違って、同じ学校にいても違う講義を受けていたり、相手が自分とまったくちがう専攻をしていることもあるのが大学です。あの教授は採点が厳しい、あの講義は楽しい、など情報交換にもなるのでお互い得するかも?!ただし、自分の専攻を、専門用語を駆使して語るのはNGです。相手に伝わらないような難しい話をする人は、賢いのでなく説明が下手なだけ。分かりやすく説明できるように事前に考えておいたほうがいいでしょう。

2、地元トーク

いろんな地方から学生が集まるのが大学。どんな街で育ったのか、方言やご当地グルメなどを聞けば、お互いの距離が近づくこと間違いなし。「いつかそこに一緒に行けたらいいね」なんて会話に展開したら最高です。同じ地方出身だったら、なつかしの地元トークで盛り上がりましょう。東京都内出身で、特にふるさとってないなぁという方は、芸能人目撃情報もネタとしてありです。ただ、これもあんまり自慢っぽくならないように気をつけてください。

2da73c004ee9af020effe4de45dd0ee8_s

3、SNS上で今話題の画像やニュースなど

初デートで特におススメなのが、SNSのタイムライン上の面白い画像やニュースを見せてあげることです。理由はずばり、スマホやタブレットを一緒に覗き込むことで密着するからです!って、それだけじゃありません(汗)、自分のタイムラインを見せれば、相手は「この人から信用されているんだな」と安心するはずです。異性の友達からのコメばっかり、オタクくさい画像まみれなタイムラインだったら、人に見せられませんからね。相手がまだSNS上で友達でなかったら、この機会に追加しちゃいましょう。

4、高校時代の話

大学生になると、高校時代が懐かしく感じられるもの。部活、好きだった教科、名物教師の話など、けっこう盛り上がるかと思います。相手の高校時代の話を聞くことで、その人の価値観などにも触れることができるかと思います。

5、共通の趣味を探る!

何かを語り合うだけが会話ではありません。初デートは、今までと違い2人きりで話ができるチャンス。相手が自分とどんな共通の趣味があるか探りましょう。最近見た映画は?どんな音楽聴いてるの?ペットなら犬派?猫派?などなど。また、趣味でなくても、好きな食べ物でも何でもいいので、共通点を探してください。そして、その話題に絡めて次のデートにつなげましょう。

PAK99_benchinisuwarudanjyo20140301500-thumb-600x805-4468

6、今日の感想

帰りの電車の中で、「もうしゃべることが無いよー」という時におススメなのが、今日の感想です。暑かったね、寒かったね、あれ美味しかったね、ここが良かったねと、感想を述べ合い、初デートを振り返りましょう。もし初デート自体がいまいちであっても、けっしてネガティブなことは言わないように!緊張して上手くしゃべれなかった、でもデートできてうれしかった、とフォローするならこの時がベストです。

7、次のデートの提案

今回の初デートでお互いのことが少し分かってきたはず。これを次につなげるためにも、解散する前に次のデートの話をしておきましょう。「2人とも海が好きなんだし、次は海に行こう」「さっき通ったイタリアン、今度行ってみよう」など、相手が喜びそうなデートプランを、自分が行きたいから一緒に行ってほしいと提案するのがオッケーをもらえるポイントです。

b3d193bc62b6ecd9f50afe5efecb0fd3_s

さいごに

いかがでしたでしょうか?大学生ならではの話題と、自然な次へのつなげ方をご紹介しました。この7つの会話ネタで、初デートの会話を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>