恋愛メール塾!興味のない男性からのデートの誘いを上手に断るには?

PAK86_eregantohuu20140125500

興味のない男性からデートに誘われて、困ったことはありませんか?しつこい遊び人なら面と向かって、その場で「NO!」ですが、共通の知り合いが多い場合などは、うまく断って今後も良い関係を保ちたいもの。そんな時は、メールで断るのがオススメです。

スポンサーリンク

メールで断るメリット

メリット1.考える時間がある

メールだと相手が傷つかないような断り方を考える時間が取れます。ここで挙げた例文を参考に、その男性に一番効果的だと思われる断り方ができるのが、メールの良いところです。

メリット2.相手のプライドを傷つけにくい

周りの友だちから「二人、お似合いだよ」「デートしちゃえよー」なんてけしかけられて、困った・・・そんな状況の場合は、「ちゃんと予定見てから、連絡します」と逃げて、メールでお断りしましょう。プライドの高い男性は、みんなの前でデートを断られたら傷付きます。もしかしたらあなたに逆恨みするかもしれません。その場ではなくメールで、がオススメです。

メリット3.文章で記録が残る

電話や直接の会話だと、「あれはオッケーって意味だと思った」など後々「言った、言わない」で揉め事になることがあります。メールだと、ちゃんと証拠が残っているので、そういったトラブルは回避できます。

136303

断りメールのポイントと例文

1.「予定を確認したけど、やっぱり無理でした。ごめんなさい」

「今週末、どこか行かない?」「明日、ひま?」などのお誘いに使える断り方です。ちゃんとこちらの予定を確認したうえで断っていると強調しているのがポイントです。これなら、相手の男性のメンツをつぶさずに断ることができますね。

2.「体調が悪くて家で寝てます。今はどこかに出かける気分になれません、ごめんなさい」

今晩や明日といった直近のお誘いでなくても、意外と使えるのがこの断り方です。メールで返事するのが精一杯、疲れていて先のことを考えるのすらキツイ、というネガティブな感じを伝えましょう。

3. 「他の人を誘ってみたらいいと思いますよ」

「韓国ホラー映画を見に行こう」、「一緒に目黒の寄生虫博物館に行こう」といった自分の趣味と合わないデートを提案された場合は、他の人を誘ってみてください、とお願いしてみるのも手です。

4.「みんなで行った方が楽しいと思いますよ。○○君とかも最近ヒマって言ってたし、声かけてみましょうか?」

他の男性の名前が出たら、相手のテンションは激しくダウンすることでしょう。それに、もしあなたが○○君に興味があるなら、これを口実に彼と連絡が取れるので一石二鳥です。

5.「私、彼氏がいるから男性と二人っきりでは会わないようにしてます。わたしも、彼が他の女性と二人で食事とかしたら嫌だし。だから、ごめんなさい」

彼氏がいて、その男性と付き合うのが不可能な場合は「自分がされて嫌なことは相手に対してもしない」というハッキリした態度でお断りしましょう。

CSSS79_tabledesagyousuru20131019500

おわりに

いかがでしたか?

これでデートに誘ってくれた男性と気まずくならずにお断りできそうですね。

パターン3,4,5で断って、「じゃあ、みんなで行こう」という話になったら、そこは断らずに楽しんでくださいね。もしかすると、それをきっかけに相手の男性の良い面に気付く可能性もありますから・・・。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. とむ より:

    どんな断られ方でもつらいことには変わりアリマセン
    僕もメールで断られたクチですが、自分は口頭で断るべき人間に
    すらなれなかったと思っちゃいました。
    正直未だにふっ切れてませんが、最後にすると約束はしてるので
    2度と言うつもりはありませんが、やはりつらいです。

    • 管理人 より:

      とむさん
      たしかに、思いをよせる人にデートを断られたら、どんな断られ方でもつらいですよね。

      でも、自分を卑下することはないと思います。
      とむさんは勇気をふり絞ってデートに誘われたのだと思います。しっかりと自分の思いを相手に伝える勇気を持ったすばらしい方だと思います。
      今回は縁がなかっただけと思い次の恋愛にすすんでいきましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>